診療案内 

診療案内

診療対象動物

犬、猫、ウサギ、ハムスター、モルモット、その他はご相談ください

診察

  • 診察では、動物の様子をよく観察し飼い主様のお話をよくお聞きした上で、体重や体温測定、聴診、触診などの基本的な身体検査を注意深く行い動物が出しているわずかなサインも見逃さない様に心がけています。
  • 飼い主様とのコミュニケーションをしっかりとり、充分にご理解いただいた上で検査や治療を行います。診療内容についてご質問やご不安に感じることがありましたら、お気軽にお申し出下さい。
  • 体重測定や爪切りだけでもお気軽にご利用下さい。その他ペットに関する疑問やご心配、例えば、食事の相談、ダイエット相談、車酔いの相談、しつけの相談、介護の相談、ペットとのお出かけに関して・・・など、どんなことでも結構です。
顕微鏡

【顕微鏡】

薬局

【薬局】

血液検査

血液検査
【血液検査】
  • 自らの体調変化を言葉として人に伝える事ができない動物の診察では、各種臨床検査がとても重要です。特に血液検査からは多くの情報が得られ、動物の全身状態の確認に役立ちます。
  • 手術前の検査、治療中の病気の経過確認や健康診断などでも血液検査を行います。
  • 当院では血球計算機と血液生化学測定機を導入していますので、院内にて採血後迅速に結果を出すことができます。
  • 血中ホルモン濃度や抗体検査といった特殊検査は外部検査機関にて行っております。
トップへ戻る▲

レントゲン検査

  • レントゲン検査では臓器の形、大きさや位置などを確認すると同時に、消化管内異物、膀胱結石や「できもの」の有無などを調べます。
  • 当院では、レントゲン画像はコンピューターに取り込みデジタル化しています。これにより撮影後に素早く診ることができるだけでなく、過去に撮影したデータとの比較が容易となり、継時的な変化をより観察しやすくなります。さらに、現像液やフィルムなどの廃棄物が全くないため、自然環境への負担も少なくなっています。
レントゲン

【レントゲン】

マックの写真

【マックの写真】

レントゲン画像

【レントゲン画像】

トップへ戻る▲

超音波検査

  • 当院では、高性能の超音波診断装置を導入しています。これにより、レントゲン検査では分からない臓器の内部構造や血流の様子を調べる事ができます。
  • レントゲン検査と同様に全てデジタルデータ化しており、継時的な評価が可能となっています。

腹部超音波検査

肝臓、腎臓、脾臓、膵臓、胆嚢、副腎、膀胱、子宮、卵巣、胃、小腸、前立腺やリンパ節といったほとんど全ての腹部臓器や腹腔内の腫瘤の内部構造や大きさなどを詳細に観察することができます。

胸部超音波検査

心臓の内部構造、心臓の動き、また心臓内での血流をリアルタイムに観察することができ、心臓病の診断や進行の程度の評価に非常に有効です。
心臓病は初期には症状がなく発見されにくいですが、早期に診断し治療を開始する事で病気の予後が大きく変わってきます。従って、ワクチン接種やホテル前の身体検査で心臓の病気が疑われる場合は、適切な検査と治療をご提案しています。

超音波診査機器

【超音波診査機器】

エコー画像

【エコー画像】

トップへ戻る▲

手術

避妊去勢手術や歯石除去術を含め、手術が必要と考えられる場合は、手術のメリット・デメリットを説明し、充分にご理解が得られた場合に手術を行います。手術や麻酔に関してご質問や不安に感じる事がございましたら、お申し出下さい。
また、手術や全身麻酔を行うに際して、スタッフのトレーニングはもちろん、様々な機器を用いて、最大限に安全性に配慮した状況で行っています。

電気メス

【電気メス】

出血部位の止血や切開に使用します。これにより手術中の出血を最小限に抑え、手術時間を短縮することにより、動物への負担を減らします。
麻酔モニター

【麻酔モニター】

手術中に動物の心拍数、呼吸数、血圧、体温や麻酔ガス濃度などを測定・記録します。麻酔中はこれらの項目を人が確認し、実際に動物の様子をよく観察しながら、麻酔管理を行っています。
麻酔器

【麻酔器】

手術は全て吸入麻酔下にて行っています。吸入麻酔は体内の麻酔濃度を速やかに変化させるできるため、手術中は動物の様子や麻酔モニターを見ながら最適な麻酔状態になるように細かく麻酔濃度を調節して、手術終了後は速やかに覚醒させる事ができます。
トップへ戻る▲

避妊・去勢手術

去勢手術

去勢手術をする事で、精巣の病気になる可能性が無くなり、また、未去勢の中高齢動物で多い前立腺の病気、会陰ヘルニアや肛門の腫瘍などの予防が期待できます。さらに、発情中のメスに対するストレスの軽減、不適切な排泄やマウンティングなどの問題行動の抑制が期待できます。手術は生後6ヶ月頃より可能となります。
去勢手術において注意すべき点は、一般的な麻酔・手術のリスク、術後の体重管理*、問題行動の改善が不十分である可能性などが考えられます。

避妊手術

避妊手術をすることで、子宮や卵巣の病気になる可能性がなくなります。特に、中高齢の未避妊動物に多い子宮蓄膿症は完全に予防されます。また、生まれてから1回目の発情前に避妊手術を行うと、乳腺腫瘍の発生率が著しく抑えられますが、2回目の発情後に手術を行っても発生率は未避妊の場合と変わらないと言われています。手術は生後6ヶ月頃より可能となります。
避妊手術において注意すべき点は、一般的な麻酔・手術のリスク、術後の体重管理*などが考えられます。

*生殖活動に関連したエネルギー消費がなくなるため、手術前と同様な食生活では、太りやすくなる可能性があります。体重や肉付きをみながら食事内容や食事量を調節する必要があります。

予防接種

  • 狂犬病ワクチン

    ・体調や狂犬病ワクチンのアレルギーなど接種に不安がある場合は、ご相談ください。

  •   注射料 3000円(税抜き)
     国分寺市、小平市、小金井市への代行を希望される場合、下記の料金をお預かりします。
      注射済票交付料 550円
      登録料(犬鑑札の交付、未登録の場合) 3000円
  • 混合ワクチン
  •   犬  6種または9種混合ワクチン 7000円(税抜き)
      ネコ 3種混合ワクチン 4000円(税抜き)
  • フィラリア予防
  • ノミ・ダニ予防
トップへ戻る▲

健康診断

当院では、愛犬・愛猫の健康を守るため、健康診断をお勧めしています。
言葉を話せない動物たちは、自らの体調変化を伝えることができません。また、食欲や元気といった指標も病気が進行した状態でなければ変化してこない可能性もあります。進行した状態で病気が見つかることにならないように、定期的な検査をお勧めします。
内容や料金はこちらをご覧下さい。

歯科処置

マイクロチップ

往診について

動物の容態やご都合により通院が困難な場合には、往診も行っております。お気軽にご相談ください。
・原則として休診日及び日曜祝日を除く13~15時の時間帯にお伺いいたしますが、
 手術や急患対応などにより、お伺いする日時を調整させていただく場合がございます。
・別途往診料(税込2,160円)がかかります。
・症状によりその場での処置が困難と判断した場合には、動物をおあずかりする場合がございます。

ペットホテル

動物病院が行うペットホテルとして、その特徴を生かしたお預かりサービスを心がけています。
→詳細は「ペットホテル」へ

トリミング

→詳細は「トリミング」へ